いつもご覧いただき 有難うございます

つわりピーク時、地獄の外出と定食を完食したお話。

  • 2016年2月27日
  • 2020年2月1日
  • つわり
  • 254view

つわりのピーク時、電車に乗ったのは1回だけ。つわりで辛いとから今は遠慮させてもらいたかったのだか、どうしても会いたいと言ってわざわざ遠くからきた義両親…。職場まで行くとまで言われ、来られても困るし、そこまで言われたら気を遣うしかありませんよね。

そして、お昼過ぎにと聞いていたので早くて13時過ぎかなと思っていたのに、12時に待ち合わせと言われました。
自分たちは10時にお昼を食べるから…あなたも早めにお昼たべたら、って…えっ、えー…!?
ビニール片手に吐きながら驚いてしまいました…。そこから吐き気の嵐!

私の予定もあるのに、そんな一方的な…。
それも、知らされたのが前日の23時!仕事終わりに聞いたのですが、特殊な仕事をしていたので、その連絡後も、夜中に出勤した私。寝る時間無い!!急すぎる!!
さすがにそれはこれ以上無理出来ないと、変えてもらいました。6連勤後でやっと気を使わずに休めると思ったのにー。

とりあえず適当な格好では行けないので吐きながらも何とか身支度をしました。支度にこんなに時間がかかったのは初めてです。
今のうちに吐いておこうと、もう1日分と言うくらい吐けるだけ吐く!
そして、途中で何があるか分からないし、途中駅で休む事も考えて1時間以上早く家を出ました。手土産を買う時間も含め…

ちなみに旦那とは仕事の関係上違う所に住んでいました。

 

スポンサーリンク

いざ出陣!!

もう、ピーク時に電車に乗ってお出かけは最悪です!
吐き気しかありませんでした。休日で電車も混んでいる、そんなぎゅうぎゅうの中、お腹をかばいながら、吐き気に耐えるのに必死!
人との距離が近い!と言うか、くっついてるわけで、人の匂いや、香水の匂いが入ってきます。
人を目の前にうぇええってなったらどうしよう、「もう限界、耐えろ、もう限界、耐えろ」の繰り返しで頭の中はいっぱい!
混んでて途中で降りるにも労力がいるので、そのまま頑張る。

降りた瞬間、お手洗いへ直行。
待ち合わせの駅はいわゆる都心部。人が行き交い思い通りに歩けない!気持ち悪いけど何となく周りにつられて早くなってしまいます。

無事着いて、合流しました。
いつもなら何ともないのに、つわりピーク時に電車での外出は長い道のりです。倍以上の時間がかかりました!

ずっと立っていたのでお腹も張って痛い!と言っても理解してもらえず周りに合わせてそのまま歩く…。

 

お昼ご飯がまた地獄だった

お昼を頼むという事で、…はい。
つわりのピーク中は水すら飲むのが辛いんですよ。
口に出来て食べられるのはアイスのみ!
さて、どうする!

和風定食頼みました、はい。

レストランの中の匂いがもう嫌すぎる上、和風定食とは。
すぐお手洗いの確認しました。

頭の中の計画

・気合で食べるしかない
・気持ち悪くなったらお手洗いに駆け込む

 

大丈夫と言い聞かせ、ごはん以外全部食べました!
最近水しか飲んでなかったのに…!!この後が怖い!!

案の定、家に帰ってからはずっとビニール袋片手に過ごしてました…。血も吐くし…。ずっと喉に上がってくるのを我慢していたので、やっと吐けると思って嬉しかったのを思い出します…。
吐けるのが嬉しいって、それくらいつわり中は大変なんですよね。

 

一番の対策は!

・強く気を張りつづけること!
私は人の前では気持ち悪さを見せたくない、見せないと思いながら過ごしていました。
※気が緩んだ瞬間はとても危ないです!!

 

私の場合、何もなかったから良いものの、ずっと吐きっぱなしだったことや、長時間立っていた為、おなかが張ってきて痛いと言う症状がありました。ただでさえ辛いのに、無理をすると母体、赤ちゃんにも影響がでたり、具合もさらに悪くなってしまうので、無理はしないようにしましょう。

そして、妊娠は病気じゃないと言っても、普通の体とは違います。周りに妊娠中の方がいたり、接することがあったら、理解してあげてほしいですね。
にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!